介護事務員が日々しないといけない仕事内容について
私がわかっている範囲内でご紹介します。

まず、メインの仕事は「介護報酬請求業務」です。


ヘルパーさんが利用者にたいして介護サービスをした報酬を各都道府県の自治体に請求する仕事です。ほぼ「9割分」がここからの収入です。
これが1番大変な仕事になります。

それに伴い、全請求金額の「1割分」を利用者に直接請求する仕事もあります。

介護用品の在庫管理や注文受け、特定福祉用具といわれる介護用品の請求書類や住環境のための申請書類、事業所の自治体申請書類などの準備など、
サービス提供責任者ケアマネージャという介護の責任者の補助的仕事が多いので、縁の下の力持ち的存在になります。

ヘルパーさんの勤怠管理、お給料の入力、各お知らせなど細かいこともあります。
もちろん相談ごとに乗ることもしょっちゅうです。

備品管理、電話応対、お茶くみなど一般事務系の仕事は当然します。
いわゆる雑用は一式です。

怖いのが、私は訪問介護事業所だったもので、常勤のケアマネさんも介護福祉士さんもヘルパーさんもみ~んな出払って1人の時が多く、そんな時に限ってヘルパーさんからやっかいな報告が入ってきたりでパニックになることも・・・

緊急事態なんかしょっちゅうあるのが介護の世界です。

事務所内にずっといるわけですから、内部の流れを1番知っている人間になるわけで、みんなから頼りにされ、仕事もハードになりがちですが、
介護職ではないのでお給料は1番低かったりするんですよね。
(職場によって色々だとは思いますが色んな手当てはつきません)

でも、介護の知識はないと仕事内容が把握できない場合が多いので、
できれば、ヘルパー2級の資格保持者を求められます。

請求業務などの入力はもちろんパソコンで行いますので、
パソコンの基本的操作や、ワード・エクセルの基礎は必須だと思ってくださいね。