国保連(国民保険団体連合会)とは、国民保険の保険者(自治体)が設立している公法人で、各都道府県に設置されています。

どのような業務かというと、国保連は診療報酬や介護報酬の審査支払業務・保健事業・国保事業の調査研究・広報活動、また、介護保険サービスの相談・指導・助言(苦情処理)業務などです。


また中央組織として国保中央会(社団法人国民健康保険中央会)があり、国民保険・介護保険の事業の普及や健全な運営・発展を図ることを目的に設立されています。

介護報酬請求をする際にサービス事業所とはきってもきれない組織ですのでご自分の都道府県の国保連のホームページはお気に入りに必ず入れていつでも確認できるようにしておくのがいいと思います。

しかし、基本的に全国同じはずの介護保険なのに(地域によって単価は違います)、各都道府県の国保連のページを見ると資料が同じでないことにびっくりします。

各国保連に編集はお任せなのでしょうか。
簡単すぎるところ、詳しく説明してくれているところ、資料が見やすく一覧されているところ、ほとんど資料のないところ・・・

同じ資料でも作成年月日がそれぞれ違っていっせいに改定されていないような・・・

詳しいところまでは私も見て取れませんが、国保連のほうでも改正のたびに大変なのかもしれませんね。

なんせ国保中央会にある資料を見ると、申し訳ないですが堅苦しい言葉で書いてあり、ほとんど理解できません。読解するのは大変です。

それを各都道府県の国保連の担当の方々がわかりやすいように説明してくれているのがこちらにあるホームページです。

私は大阪に住んでいるので大阪の国保連ばかりチェックしてましたが、大阪府の国保連は資料が整理されてずらっと並んでいるので目的のものが本当に探しやすいです。

でも全部の都道府県をチェックしたわけではないので、もっと使いよいところがあるかもしれませんね。

不明なことがある場合、ご自分の地域の国保連だけじゃなく、他の国保連もチェックしてみてくださいね。

案外、簡単に解決できるかもしれませんよ~。