地域区分単価

これは介護事務にかかわる以上、常に頭に入れておかないといけないものです。


特甲地・甲地・乙地・その他 とあります。
あと、東京には特別区というものがあります。

都会になるほど単価が高くなると理解していただいたらいいと思います。

そして、医療保険は「点数」で計算しますが、介護保険は「単位数」なのです。単位数の合計にこの地域区分単価をかけると請求金額がはじき出されるんですね。

サービスと地域の違いによって、同じ単位数でも金額は違ってくると言うことなのです。

ってわかってても、ついつい忘れてしまい、金額が合わない!って焦る事ってみなさんあると思いますよ~。私だけかな?(汗)

サービス種類ごとの地域区分単価の一覧表です。
大阪版(?)なので特別区の単価は残念ながら載ってません。
(東京都の国保連で見つけられませんでした・・・)